カテゴリー
Tech

OGPからTwitter Card

ハダカJapanのヘッダに記載していたOGP情報をTwitter Card用に変更した。OGPとは、「Open Graph Protcol」の略でFacebookやTwitterなどのSNSでシェアした際に、設定したWEBページのタイトルやイメージ画像、詳細などを正しく伝えるためのHTML要素だが、そもそも画像のURLが誤っていたし、現在利用しているSNSはTwitterが100%だからだ。

<meta name="twitter:site" content="@ahadaka" />
<meta name="twitter:creator" content="@ahadaka" />
<meta name="twitter:card" content="summary_large_image" />
<meta property="twitter:title" content="<{$xoops_pagetitle}><{$monid}>" />
<{if $xoops_description}>
<meta property="twitter:description" content="<{$xoops_description}><{$monid}>" />
<{else}>
<meta property="twitter:description" content="<{$xoops_meta_description}><{$monid}>" />
<{/if}>
<{if ereg("lid=",$xoops_requesturi)}>
<meta property="twitter:image" content="https://a-hadaka.jp/uploads/thumbs<{$albumno}>_m2/<{$albumlid}>.jpg" />
<{else}>
<meta property="twitter:image" content="https://a-hadaka.jp/ahlogo.png" />
・・
<{/if}>
<?php
$abm = preg_replace("/^(.*)myalbum([0-9])\/(.*)$/", "$2",$uri);
$this->assign( 'albumno' , $abm ) ;
?>

Twitterカードのチェック (Twitter Card Validator)で確認して一応うまくいった。